ボーヌ(Beaune)

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 1996 750ml 2014,セール

キュヴェ・エリティエ・ラトゥール(=素晴らしい相続者の醸造品)と銘記されるコート・ド・ニュイ地区の偉大な赤ワインのひとつ。スミレの香りでタンニンと酸味が厚みと調和して繊細な味わいをうみ、喉ごしに素晴らしい余韻を与えます。

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 1996 750ml 2014,セール —— 13,000円

ボーヌ(Beaune)

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 1997 750ml 豊富な,得価

キュヴェ・エリティエ・ラトゥール(=素晴らしい相続者の醸造品)と銘記されるコート・ド・ニュイ地区の偉大な赤ワインのひとつ。スミレの香りでタンニンと酸味が厚みと調和して繊細な味わいをうみ、喉ごしに素晴らしい余韻を与えます。

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 1997 750ml 豊富な,得価 —— 14,000円

ボーヌ(Beaune)

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 1998 750ml 豊富な,定番

2月7日に再入荷しました。 偉大なシャンベルタンのバックヴィンテージがこのお値段は滅多にありません。 キュヴェ・エリティエ・ラトゥール(=素晴らしい相続者の醸造品)と銘記されるコート・ド・ニュイ地区の偉大な赤ワインのひとつ。スミレの香りでタンニンと酸味が厚みと調和して繊細な味わいをうみ、喉ごしに素晴らしい余韻を与えます。

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 1998 750ml 豊富な,定番 —— 8,500円

ボーヌ(Beaune)

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 2000 750ml 正規品,定番人気

キュヴェ・エリティエ・ラトゥール(=素晴らしい相続者の醸造品)と銘記されるコート・ド・ニュイ地区の偉大な赤ワインのひとつ。スミレの香りでタンニンと酸味が厚みと調和して繊細な味わいをうみ、喉ごしに素晴らしい余韻を与えます。

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 2000 750ml 正規品,定番人気 —— 11,900円

ボーヌ(Beaune)

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 2001 750ml 低価,爆買い

キュヴェ・エリティエ・ラトゥール(=素晴らしい相続者の醸造品)と銘記されるコート・ド・ニュイ地区の偉大な赤ワインのひとつ。スミレの香りでタンニンと酸味が厚みと調和して繊細な味わいをうみ、喉ごしに素晴らしい余韻を与えます。

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール 2001 750ml 低価,爆買い —— 11,900円

ボーヌ(Beaune)

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ドモワゼル 2001 750ml 赤字超特価,品質保証

パーカーポイント93~96コルトン・シャルルマーニュと並び自社畑の中でも最高峰に君臨するシュヴァリエ・モンラッシェ レ・ドモワゼル。 モンラッシェと同じ丘陵斜面の上部に位置する自社畑の葡萄を使用しています。華やかで凝縮した風味を、芳醇で長い余韻を伴う偉大なワインです。 シュヴァリエ=モンラッシェ・レ・ドモワゼルは、コルトン=シャルルマーニュと並び同社最高の白ワイン。これをジャドのものと比較するのはつきない興味がある。ラトゥールのほうがわずかに軽いとはいえ、精緻な味わいに力がみなぎる、別格のワインである。 マット・クレイマー著『ブルゴーニュワインがわかる』より抜粋 Wine Advocate#146Apr 2003 Pierre Rovani93-96 Drink: 2003-2014 $148-$246 In 2001, probably due to the fact that Batard-Montrachet's terroir retains more water than Chevalier-Montrachet's, it is not uncommon to find Chevaliers that are bigger, denser, richer, and more fuller-bodied than Batards from the same producer. Case in point, Maison Louis Latour's liquid mineral-scented 2001 Chevalier-Montrachet Les Demoiselles overshadows its Batard in power, flesh, and breadth. Gravel, minerals, pears, spices, and liquified stones are encountered in this complex effort's intense character. Medium to full-bodied and velvety-textured, it has superb richness, density, elegance, as well as length. Projected maturity: now-2014.

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ドモワゼル 2001 750ml 赤字超特価,品質保証 —— 19,500円

ボーヌ(Beaune)

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ドモワゼル 2004 750ml 安い,最新作

コルトン・シャルルマーニュと並び自社畑の中でも最高峰に君臨するシュヴァリエ・モンラッシェ レ・ドモワゼル。 モンラッシェと同じ丘陵斜面の上部に位置する自社畑の葡萄を使用しています。華やかで凝縮した風味を、芳醇で長い余韻を伴う偉大なワインです。 シュヴァリエ=モンラッシェ・レ・ドモワゼルは、コルトン=シャルルマーニュと並び同社最高の白ワイン。これをジャドのものと比較するのはつきない興味がある。ラトゥールのほうがわずかに軽いとはいえ、精緻な味わいに力がみなぎる、別格のワインである。 マット・クレイマー著『ブルゴーニュワインがわかる』より抜粋

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール シュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ドモワゼル 2004 750ml 安い,最新作 —— 20,300円

ボーヌ(Beaune)

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール ロマネ・サン・ヴィヴァン・レ・カトル・ジュルノー 2002 1500ml 箱入り 100%新品,2014

【送料無料】 ブルゴーニュでは、赤・白とも大成功の年となった2002年 コート・ド・ニュイ地区、ヴォーヌ・ロマネ村産の偉大な赤ワイン。その名は「4日分の作業の畑」の意味。スミレと桜に似た香り、タンニンと酸が絶妙に調和した繊細な味わいを醸し出しています。 ロマネ・サンヴィヴァンはヴォーヌ・ロマネ村の中心街のすぐ西に位置し、北に1級 レ・スショ、西にリシュブール、西南にロマネ・コンティと銘醸畑が取り囲む9.5haの畑は絶好のロケーションに位置する。ワインはスパイシーで薫り高く、シナモン風味や土のブーケがあり、どちらかというと赤系ないし黒系果実よりはスパイスを思わせる。ルイ・ラトゥールはここに約1haを所有している。ロバート・パーカー ブルゴーニュより抜粋ワイナート 41号 ●ワイナート誌評:98点 ●飲み頃:2025年 ●ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのBEST 2位このワインの特徴といえる、最上の畑、自然な栽培、オーク発酵、軽い抽出、低い新樽比率、短い熟成期間という組み合わせは、今だからこそ評価したい、ひとつの理想形。しかし繊細なバランスゆえ、状態には注意したい。秋の乾いた風による2002年は凝縮感が特徴。躍動感と優雅さ、堅牢さと奥行きといった、硬軟・陰陽双方の要素が高度にバランスする、飲むほどに魅了される、複雑なワイン。現時点では閉じ気味で、力が余って乱れもあるが、高い凝縮度は説得力に富み、将来に大いに期待できる。

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール ロマネ・サン・ヴィヴァン・レ・カトル・ジュルノー 2002 1500ml 箱入り 100%新品,2014 —— 44,800円

ボーヌ(Beaune)

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール ロマネ・サン・ヴィヴァン・レ・カトル・ジュルノー 2002 750ml 得価,格安

【蔵出し商品として9月11日に入荷しました。】 ブルゴーニュでは、赤・白とも大成功の年となった2002年 コート・ド・ニュイ地区、ヴォーヌ・ロマネ村産の偉大な赤ワイン。その名は「4日分の作業の畑」の意味。スミレと桜に似た香り、タンニンと酸が絶妙に調和した繊細な味わいを醸し出しています。 ロマネ・サンヴィヴァンはヴォーヌ・ロマネ村の中心街のすぐ西に位置し、北に1級 レ・スショ、西にリシュブール、西南にロマネ・コンティと銘醸畑が取り囲む9.5haの畑は絶好のロケーションに位置する。ワインはスパイシーで薫り高く、シナモン風味や土のブーケがあり、どちらかというと赤系ないし黒系果実よりはスパイスを思わせる。ルイ・ラトゥールはここに約1haを所有している。ロバート・パーカー ブルゴーニュより抜粋ワイナート 41号 ●ワイナート誌評:98点 ●飲み頃:2025年 ●ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのBEST 2位このワインの特徴といえる、最上の畑、自然な栽培、オーク発酵、軽い抽出、低い新樽比率、短い熟成期間という組み合わせは、今だからこそ評価したい、ひとつの理想形。しかし繊細なバランスゆえ、状態には注意したい。秋の乾いた風による2002年は凝縮感が特徴。躍動感と優雅さ、堅牢さと奥行きといった、硬軟・陰陽双方の要素が高度にバランスする、飲むほどに魅了される、複雑なワイン。現時点では閉じ気味で、力が余って乱れもあるが、高い凝縮度は説得力に富み、将来に大いに期待できる。

ドメーヌ・ルイ・ラトゥール ロマネ・サン・ヴィヴァン・レ・カトル・ジュルノー 2002 750ml 得価,格安 —— 22,200円

ボーヌ(Beaune)

ハーフ瓶 ルイ・ラトゥール シャブリ・ラ・シャンフルール 2013 375ml 人気SALE,新作

当店一番人気のルイ・ラトゥール社のシャブリ。手軽なハーフ瓶は、普段飲み用に最適です。 新鮮な果実と白い花の香りが特徴です。いきいきとして、すっきりとした味わいです。

ハーフ瓶 ルイ・ラトゥール シャブリ・ラ・シャンフルール 2013 375ml 人気SALE,新作 —— 900円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス コルトン・シャルルマーニュ 1991 750ml 送料無料,定番人気

11℃で抜栓、明るい黄色、白い花、花梨、リンゴ、ビターオレンジ、ナッツ、バター、オレガノ、タイム、タラゴン、ローズマリー、ベルガモット、ヨード、バーベナ、ミネラル、もう少し高い温度で飲み始めるつもりだったが、寒いのでなかなか温度が上がってくれない。この時期温度を上げるのは至難の業だ。これは綺麗で上品な味わいだが、15年選手のわりに過度の熟成感に少しがっかりしている。バランスが悪く、やはり熟成しすぎなのかと思いながらもう少し置いてみた。1時間半くらい経っただろうか。最初のきつさや苦味は全く無い。温度は赤と同じ18℃前後だろうか。鮮やかな花とフルーツの甘みに戸惑いながら自然と笑みが出ている自分がそこにいた。非常に上品な香りと甘さだ。これほど変るものなのか。ほのかな甘さと心地良い苦味に見事な熟成を感じる。更に、ローストしたナッツ、焦がしたバター、バタースカッチ、蜂蜜と色々なハーブが調和している。温度が上がるにつれて色々なブーケが花開き、最初とは別世界を見せている。とても上品で柔らかく透明感のある味わい。それに時間が経っても崩れない。余程、酸とミネラルがしっかりしているからでしょう。でも1991は一般的に言われている評価ではそれほど高いものではありません。その前後は非常に出来の良い年と言われ、ボルドーの不評に影響され、不当に低評価だったワインです。ただ、今この状態では、その当時は渋く、辛く、きつくて飲めなかったのではないでしょうか。今に比べ熟度や選別が低かったのではと思います。その為、酸度が高く、甘さを感じられず不評だったのかもしれません。ところが糖度・熟度が高すぎると当然酸度が低くなり、早くから美味しく飲めますが、適切な熟成を経て、高みに達することは難しいのではと思います。最近、偉大なヴィンテージと言われている1990のワインでピークを過ぎてしまったものにしばしば出会います。悪くなっているのではなく、酸が弱いため寿命が尽きたような物もありました。この1991はブシャール不調時に造られたワインです。ラ・ロマネのときも同じことを言ったのですが、あの当時の評価とはいったい何だったのでしょうか。一度このワインを飲んでみてください。丁寧に造られたワインが適切な熟成を経て、素晴らしい高みに達した姿を垣間見せてくれます。欲を言えばインポーターはサントリーですが、管理温度が少し高かった為か、ワインの熟成が少し早いような気がします。外観からもそのように感じます。(注意) 最初、低い温度で抜栓するのは良いのですが、時間をかけて温度を上げるか、冷えたワインを暖かい部屋に入れ15℃くらいで抜栓しゆっくりと時間をかけて飲んでみてください。最初のきつさ・熟成感が見事に消えて無くなりなります。 H18.01.07 コート・ドール最大の葡萄園主である、ブシャール・ペール・エ・フィス社は、1731年、ミッシェル・ブシャールによってボーヌの街に創業されました。 当初は織物商としてのスタートでしたが、息子ジョセフの代にワイン業にも参入し、1775年には、ヴォルネー畑、タイユピエ畑など、現在の1級畑にあたる優れた区画を購入。醸造元でもありワイン商でもあるという、今日まで続く会社形態の礎を築きました。 現在では、コート・ドールとブーズロンに総面積130ヘクタール。内グラン・クリュが12ヘクタール、プルミエ クリュが74ヘクタールという、他の追随を許さぬ大葡萄園主にまで成長したのです。 現オーナー である、ジョセフ・アンリオ氏(シャンパーニュの名門アンリオの当主)が買収した1995年以降、品質は向上し、評価はさらに高くなりました。 彼が求める“理想とするワイン”は、 「ひとつひとつの畑の個性が忠実に反映されていること」。 そのためには、伝統的な農法で畑の土壌を活性化し、同時に収穫量をぎりぎりまで制限することが大切です。こうして凝縮味を増した葡萄を熟練した摘み手が一房一房、手で選別しながら収穫。醸造層に入れる前に、もう一度テーブルの上で選果するという厳密な工程がとられています。 選果された葡萄は、房ごと圧搾器にかけ、絞ったピュアな果汁を清澄後、すべて直接小さな樽に入れ、果汁本来の香りを大切にしながら発酵させます。

ブシャール・ペール・エ・フィス コルトン・シャルルマーニュ 1991 750ml 送料無料,定番人気 —— 9,000円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス シャルドネ・ド・シャルドネ 2010 750ml 爆買い

ブシャール・ペール・エ・フィス シャルドネ・ド・シャルドネ 2010 750ml 爆買い —— 1,600円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス シュヴァリエ・モンラッシェ 1996 750ml 格安,低価

コート・ドール最大の葡萄園主である、ブシャール・ペール・エ・フィス社は、1731年、ミッシェル・ブシャールによってボーヌの街に創業されました。 当初は織物商としてのスタートでしたが、息子ジョセフの代にワイン業にも参入し、1775年には、ヴォルネー畑、タイユピエ畑など、現在の1級畑にあたる優れた区画を購入。醸造元でもありワイン商でもあるという、今日まで続く会社形態の礎を築きました。 現在では、コート・ドールとブーズロンに総面積130ヘクタール。内グラン・クリュが12ヘクタール、プルミエ クリュが74ヘクタールという、他の追随を許さぬ大葡萄園主にまで成長したのです。 現オーナー である、ジョセフ・アンリオ氏(シャンパーニュの名門アンリオの当主)が買収した1995年以降、品質は向上し、評価はさらに高くなりました。 彼が求める“理想とするワイン”は、 「ひとつひとつの畑の個性が忠実に反映されていること」。 そのためには、伝統的な農法で畑の土壌を活性化し、同時に収穫量をぎりぎりまで制限することが大切です。こうして凝縮味を増した葡萄を熟練した摘み手が一房一房、手で選別しながら収穫。醸造層に入れる前に、もう一度テーブルの上で選果するという厳密な工程がとられています。 選果された葡萄は、房ごと圧搾器にかけ、絞ったピュアな果汁を清澄後、すべて直接小さな樽に入れ、果汁本来の香りを大切にしながら発酵させます。

ブシャール・ペール・エ・フィス シュヴァリエ・モンラッシェ 1996 750ml 格安,低価 —— 27,900円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス ピュリニー・モンラッシェ 2009 750ml お買い得,新作登場

ブシャール・ペール・エ・フィス ピュリニー・モンラッシェ 2009 750ml お買い得,新作登場 —— 4,500円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス ムルソー・レ・クルー 2009 750ml 新作,定番

ムルソー レ・クルは村名クラスの畑で、丘の最上部に位置する涼しい区画。吹き付ける風が強く、ぶどうはゆっくりと生育するため、果皮の厚い遅摘みのぶどうとなります。よく熟したぶどうに由来するトロピカル・フルーツ(特にパイナップルなど)のフレーバーを感じられる、アロマ豊かなワイン。

ブシャール・ペール・エ・フィス ムルソー・レ・クルー 2009 750ml 新作,定番 —— 3,800円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス モンラッシェ 2003 750ml 品質保証,大得価

「このワインは脱帽をして、跪いて飲むべし」で知られる白ワインの最高峰モンラッシェ 。 1995年には、シャンパーニュ・メゾン「アンリオ」のジョセフ・アンリオ氏が社長に就任。それ以降、品質は向上し、評価はさらに高くなりました。 彼が求める“理想とするワイン”は、「ひとつひとつの畑の個性が忠実に反映されていること」。

ブシャール・ペール・エ・フィス モンラッシェ 2003 750ml 品質保証,大得価 —— 29,200円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 1983 750ml 激安大特価,限定SALE

今回入荷したラ・ロマネもこれで3種類目。4日掛け、4段階くらいに分け徐々に温度を上げ、瓶外18~19℃、瓶内17~18℃に調整し、抜栓・2時間くらい置く。長く上質なコルクを使い、リコルクしてある。コルクには2005年にリコルクと刻印してありました。今回の出荷に合わせてリコルクしたくらいなのだろう。それだけで感心している。今、リコルクしなくて液面が低い方がワインが若々しいなどと言っている方がいるようだが、どう考えても、シャトー(ドメーヌ)保管・出荷時リコルクの方が状態が良いに決まっていると僕は思っています。不思議なことを言う人がいるものだ。リコルクしない方が複雑さが増すという考え方もあるようだが、コルクの劣化・ワインの劣化が危惧される。1983でリコルク、早いか適切かは一概に判断できないが、出荷する前に最善の状態にし、出荷してもらえるのは非常に有り難いし、今後の保存にも安心感が増す。今回もバカラ・ダゲステーション・ロマネ・コンティを使った。19℃前後だろうか。輝く濃い鮮やかなガーネット色、深紅の薔薇(生とドライ)、ドライハイビスカス、プラム(生とドライ)、ダークチェリー(生と砂糖煮)、桃、リンゴ、マンゴー、干し無花果、赤身肉、干し肉、レザー、鞣革、白胡椒、胡桃、ナッツ、バニラビーンズ、樽、ナツメグ、メース、シナモン、カルダモン、オレガノ、タイム、ローズマリー、リコリス、クローブ、白檀、大紅袍、コーヒー、シガー、茸、森の下草、ヨード、腐葉土、ミネラル、土のニュアンス、ある意味、前回飲んだ1986より若いくらいに感じる。様々な生とドライの花、数限りないほどと言いたいくらい次々に出てくる生・ドライ・砂糖煮のフルーツのノーズに、うっとりしながら混乱している。そして時間と共に生の香りが落ち着き、ワインが鼓動するかのように変化を始めた。いったい何を誉めたらいいのだろう。混乱している。86でも言ったが花・フルーツ・肉系・ハーブ・土系色々な物が素晴らしい状態で調和している。見事としか言いようのないバランス。非常に薫り高く、しっかりとしているが柔らかく軽やかでエレガント。そして物凄い濃さ・凝縮感を併せ持つ。さらっと簡単に言ったが、普通ここまでいけないしいかない。1986と何が違う。1983にあって1986に無い物。それは、香りと滑らかさ。完璧な熟成とポテンシャルがもたらすフレグランスとしか表現が出来ない香り。若い物でも使うが、若い香りのフレグランスではなく、完全な熟成のもたらす昇華するようなブーケから来るフレグランス。見事なまでに綺麗で透明感と深みと凝縮感を持ちながら、すべてを忘れるくらいに角が取れ、まるで無抵抗というくらいに滑らかで伸びやかなのだ。そして、透明感とすべてが調和したバランスの極致みたいな中、気の遠くなるくらいに長く爽やかさと軽やかさを伴いながら昇天するように伸びていくアフターに為す術がない。とにかくこのフレグランスのような香りは素晴らしいと言うしかなく、このレヴェルの香りはこれで2度目。1回目は1985ロマネ・コンティ。テロワールという言葉と現実を考えるとポテンシャルの凄さに恐ろしいと言うしかない。この、ロマネのシリーズ、1ヶ月の間に3回飲むなんて、とんでもないことをやっているという認識はあるが、少しづつ感動を押さえ冷静に状況と品質を確認する自分と、テロワールに捕らわれもがきながら、底なし沼に引きづり込まれていく自分が見えるようで怖い。 H17.10.15 ブシャールの蔵からエチケットやワインのコンディションは完璧です。

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 1983 750ml 激安大特価,限定SALE —— 76,900円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 1986 750ml 送料無料,定番人気

これだけのラ・ロマネを買い込んでしまって少し不安に感じていたのは正直な気持ちです。でも商品が届き外観から全てのワインを1本づつチェックしたところ、30年の経験則からまず間違いないだろうという感触を持ちました。飲みたい気持ちを我慢して、2週間強ほどワインを休ませてやりました。どのヴィンテージから飲もうかと迷った末、この1986から抜栓することにしました。下記のワインリストの順番で飲みました。 1996のラコスト が赤の最初です。 2番目は 1974のラランドのマグナム瓶 、3番目は ドルーアン・ラローズのボンヌ・マール 、4番目はダブルマグナム1978のルモワスネのポサンジェでした。赤のラストがこの1986のラ・ロマネ。飲む前まではもしかしたらルモワスネ1978にラ・ロマネが食われるのでは心配していた。1978の余りの凄さに順番を間違えたのではと心配しながら飲みはじめました。呆然、憤慨、あまりのことに本当に涙が出てきた。悪いのではない。ラ・ロマネが良すぎて、凄すぎて1978のDMGが足下にも及ばない。ワインの差はほんの少し出すのに価格が数倍になると聞いた。1ボトル当たりでいうと2倍強だが差は歴然とした差があった。以前飲んだ1985のロマネ・コンティの時もそうだった。コンティの前に飲んだルーミエの1991のボンヌ・マールが物凄く良く心配したが、比較にすらならなかった。ヒエラルキーという話が出てきた。ヨーロッパは階級社会、ワインも厳然とした格付けが存在する。グラン・クリュの中でも上下は存在する。しかしブシャールの悪かったと言われていた時期に造られた物、いくら蔵出しに近いものとはいえ、どこまで行くのかという不安は大いにあったのだが全くの杞憂で終わった。申し訳ないが、その場に立ち会わないとあの絶望感は判らないと思う。あの悲惨さ・残酷さは凄惨としか言いようがない。あれだけ美味かった1978に全く戻れないし飲めない。酷い。前日から冷蔵庫で冷やし、当日ワイン会を始めてから約2時間ほどで18~19℃くらいになるように設定した。紫が少し混じる濃いガーネット色、深紅の薔薇(生とドライ)、ハイビスカス(生とドライ)、沈丁花、プラム、ブラックチェリー、桃、リンゴ、赤身肉、レザー、鞣革、白胡椒、ナッツ、バニラビーンズ、樽、ナツメグ、メース、オレガノ、タイム、ローズマリー、リコリス、クローブ、白檀、鉄羅漢、コーヒー、シガー、森の下草、腐葉土、ミネラル、土のニュアンス、花・フルーツ・肉系・ハーブ・土系色々な物が素晴らしい状態で調和している。見事としか言いようのないバランス。非常に薫り高く、しっかりとしているが柔らかく軽やかでエレガント。そして物凄い濃さ・凝縮感を併せ持つ。嘘だろうと思う人がいるかもしれません。僕ですら信じられないし、書いていて嫌になる。リーデル・ブルゴーニュ・グラン・クリュが力を引き出し切れていない。グラスを変えた。バカラ・デギュスタシオン・ロマネ・コンティ(バカラ社の金魚鉢のようなグラス)普通のグラン・クリュでは使えなかったが、ラ・ロマネをこれに変えたら、香り・味わいが強く・鮮明になってしまった。強烈なまでの濃さ・強さと香り、高さを持ちながら、柔らかく軽やかでエレガント。アフターは薫り高く長く伸びやか。花の香り(フレグランス)を身に纏いながら昇華していくかのようだ。それでいて、深い湖か沼のように深淵で透明感をたたえ、引きづり込まれそうな怖さと魅力を感じさせる。ぞっとしながら近づきのぞき込んでしまわずにはいられない。そう、まるで禁断の果実といえるくらいだ。参加者全員が満足している。でもまだラ・ロマネ13種類もある。じっくり飲んでいこう。今まで、僕は世間の評価からラ・ロマネを頭の中に入れてなかった。1995年にブシャールが復活するまで酷い状態が続き飲めないし、買うべきワインではないものだと言われた事を鵜呑みにしていた。しかし、今回入荷したものを見て、あまりの見事な色に「これはひょっとすると、ひょっとするぞ」と思いました。今回飲んだ1986年、何故昔安い時にこのワインを買っておかなかったのだろうか、自分自身に怒り、そしてあまりのワインの凄さに震えました。それで思ったことは、評価とは何だ?彼らの評価と将来的な予想を鵜呑みにする自分も悪いのだが、あまりにもいい加減なものだ。当時本当に飲むに値しないものだったのか?また彼らは実際に飲んで言っていたのだろうか?もしそうなら1986の今の姿は何?本当にこれが理解できなかったのだろうか。今週の末に違うヴィンテージを飲むつもりです。これほどの高価なワインを買うなら、もっと安いワインを何本も買ったほうがいいのではと思う人はかなりおられるでしょう。ブランド名が勝っているワインの中には価格と釣り合わないもの、下のクラスに劣るものが多々あります。しかし今回の1986のラ・ロマネは2万円のワインを3本、または3万円のワインを2本飲んでもこの感動と衝撃は多分得られないのではないかと感じました。DRCのワインに高価な金額を払うのなら、ぜひとも一度これをお試し下さい。 H17.09.241、1990 ゴッセ・セレブリスMG 2000年記念ボトル 2、2002 ヴィレ・クレッセ オー・クラッセ アンドレ・ボノーム 3、2000 ピュリニー・モンラッシェ・レ・クラヴァイヨンMG ルフレーブ 4、1996 シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト 5、1974 シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ドゥ・ラランドMG 6、1997 ボンヌ・マール ドルーアン・ラローズ 7、1978 ブルゴーニュ・ポサンジュ・ダブル・マグナム(3L)ルモワスネ 8、1986 ラ・ロマネ ブシャール 9、2002 ル・モンラッシェ ピエール・イブ・コラン ブシャールの蔵からエチケットやワインのコンディションは完璧です。

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 1986 750ml 送料無料,定番人気 —— 58,900円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 1988 750ml 送料無料,定番

ブシャールの蔵からエチケットやワインのコンディションは完璧です。

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 1988 750ml 送料無料,定番 —— 78,700円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 1996 750ml 得価,定番人気

Wine Advocate # 118Aug 1998 Pierre Rovani (93-95) Drink: N/A $496-$630 (300) This magnificent wine offers a medium-to-dark ruby color and an extraordinary nose of perfume, violets, and a myriad of red fruits.I was blown away by this wine's combination of precision, femininity, focus, and jammy, candied cherries. Traces of sweet, vanilla-infused oak grace this wine's complex and concentrated, yet lace-like flavor profile. Medium-to-full-bodied and silky-textured, this wine also possesses a long, soft, gorgeous finish that leaves the taster yearning for more. Finally, a La Romanee worthy of its name! Bravo! to Henriot, Hervet, and Prost for bringing Bouchard to such a high level of quality. ブシャールの蔵からエチケットやワインのコンディションは完璧です。

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 1996 750ml 得価,定番人気 —— 88,300円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 1998 750ml お得

温度設定が難しい。前々日くらいから外気温の雰囲気が変わり、手で触った触感温度と実温度に2℃前後の差が生じているようだ。抜栓したときの温度は触感19℃、実温度17℃くらいだろうか。メンバー全員にボトルを触ってもらい少し高いように思えるが、このまま行くと伝え、それから2時間くらい置いた。使用グラス:リーデル・ソムリエ・ブルゴーニュ・グランクリュ 18~19℃くらいだろう。グラスから伝わるワインの温度がヒンヤリとしている。ピッタリだったようだ。スタートがこれ以上高いとバランスが崩れてしまうし、低いと開くのに時間が掛かりすぎる。少しテイスティング後、この若さはいったい何?紫がかった濃いガーネット色、赤い花、深紅の薔薇、ベルガモット、菫、プラム、ダークチェリー、桃、赤身肉、レザー、白胡椒、ナツメグ、メース、オレガノ、タイム、バニラビーンズ、リコリス、クローブ、黒い土、ミネラル、先程若いと言ったが、言葉足らずのようだ。巨大としか言いようがない途轍もないスケールに圧倒されている。これも1986と同じようにソムリエでは役不足。バカラ・デギュスタシオン・ロマネ・コンティに変えた。鮮やかな色合いとその濃さ、そのままの凝縮された色々な花と甘いフルーツのアロマに言葉を失っている。1986の若さが信じられなかったが、12年若く、復活後のワインは全く予想を超えていた。温度、タイミング、グラス、今僕が持てる力をすべて使って挑んでいるが、鼻であしらわれたようだ。どっしりしたボディとコクを表現する肉・革系の味わい、複雑さを加えるハーブとミネラル。途轍もなく濃く、凝縮されているが、実に鮮烈で透明感があり深み・奥行きを持っている。そして、甘やかな花の香りとゾクッとするような色合いを伴いながら綺麗に伸びていくアフターに呆然としている。 スケール・バランス・濃さ、どれをとっても他と比較する物がほとんど無いくらい素晴らしいが、何かが違う。それは何? 1986に有って1998に無い物 それは年月。畑・葡萄・醸造 どれをとっても非の打ち所が無いくらい手間暇を掛けられているのだろう。飲んでいて痛いくらいによく判る。しかし、あの別次元の世界に行くには最低でも後3~5年掛かるような気がする。巨大で無い物がないくらい色々な物を完備しているが、あと少し我慢が必要なようだ。しかしそのスケールはこの時点で去年飲んだ内、最高と感じた2000コルトン・ルナルド ドメーヌ・ルロワを凌駕してしまっている感じだ。余りに持っている物が多すぎて大きすぎて言葉が見つからない。ただ、その未来は輝ける世界が待っている。正直、近日中に抜栓するのであれば、これではなく1986VTをお薦めします。何故なら現時点でのこのワインのサーヴィスは、はっきり言って僕でも難しい。 2005.10.01 Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Mar/Apr '01 Deep red. Pungently perfumed, noble aromas of black raspberry, cocoa powder and graphite. Highly concentrated and chewy with extract; this wine penetrating minerality gives it terrific cut and clarity, even if it's rather ungiving at this early stage. Finishes very long, subtle and backward. 92(+?) points ブシャールの蔵からエチケットやワインのコンディションは完璧です。

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 1998 750ml お得 —— 73,400円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 2000 750ml 安い,得価

Wine Advocate # 147Jun 2003 Pierre Rovani 90 Drink: 2005 - 2012 $576-$721 Oaky black fruits can be discerned in the aromatics of the 2000 La Romanee.This feminine, medium-bodied effort is a big, fresh, black cherry, coffee, violet, and black olive-flavored wine. Loads of firm yet ripe tannin make an appearance in its long, muscular finish Anticipated maturity: 2005-2012. ブシャールの蔵からエチケットやワインのコンディションは完璧です。

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 2000 750ml 安い,得価 —— 68,800円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 2001 750ml 新作登場,人気セール

ブシャールの蔵からエチケットやワインのコンディションは完璧です。

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 2001 750ml 新作登場,人気セール —— 76,900円

ボーヌ(Beaune)

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 2003 750ml 高品質,安い

Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Mar/Apr 05 Full red-ruby. Superripe but sappy aromas of black raspberry, minerals and white and black pepper. Wonderfully concentrated and vibrant, with great sweetness buffered by mineral lift. Exotic notes of pineapple and ginger add complexity. As superripe as this is, it avoids the roasted side of the vintage. Finishes with compelling sap and length. 95 points ブシャールの蔵からエチケットやワインのコンディションは完璧です。

ブシャール・ペール・エ・フィス ラ・ロマネ 2003 750ml 高品質,安い —— 93,700円